「1万円起業」本を読む

2017年3月

 

少しづつ不必要なものを処分し気持ちがすっきりし始めてきました。

 

今日は、前にざっと読んでいた「1万円起業」クリス・ギレボー著、本田直之監訳をゆっくり読んでみました。

 

社会人になって5年くらい経った頃から、家やカフェなど好きな場所で仕事をするスタイルに憧れを持つようになりました。それからかれこれ10年ほど時間が過ぎました。

 

私は、サラリーマンの夫と3歳になる娘を持つ主婦です。

2歳の頃から幼稚園のプレスクールに通わせたのきっかけに今までの事務経験を活かして自転車で10分くらいの場所で事務のパートを始めました。

 

5時間ほどの仕事なので時間には余裕があるのですが、時間を拘束されることに抵抗を感じます。やっぱりノマドワーキングを実現させたい!

 

「一万円起業」はそんな気持ちを奮い立たせてくれる具体的な起業をいくつも紹介してくれています。