私の医療保険を解約しました

2017年3月

 

 

私の医療保険、アフラックのEVER HALFを解約しました。

 

はじまりは、夫が

 

「高額療養費制度もあるし、高齢化社会に向かって将来入院日数も減ってくる。過剰な治療も求める気持ちも少ないので医療保険・がん保険は解約して貯蓄に回す。」

 

 と言い出したことから私も医療保険を解約することを決めました。

 

夫も私も参考にしたサイトが「ナースフルらいふ」です。

 

nurseful.jp

 

そのなかで一番納得した箇所が、

 

”そもそも、保険というものは、みんなでお金を出し合い、困った人が受け取る、という助け合いの仕組みです。だから、ほとんどの人はモトがとれないのです。”

 

という部分です。

 

実際に私のケースを例えると

 

医療保険EVER HALF 

契約日 平成19年6月1日

月払い保険料 2,000円 (65歳以降 1,000円)

保険期間 終身

平成29年3月までの払込保険料 約23万円

 

平成24年 卵管を広げる手術 保険金 50,000円

平成25年 切迫流産 入院  保険金 40,000円

平成25年 帝王切開手術   保険金 85,000円

合計 175,000円

 

出産関係の手術・入院があったので払込保険料の75%は回収できていますが元は取れていません。

 

私は現在42歳です。

 

保険料が1,000円になる65歳まで23年あり、医療保険料を払い続けると552,000円です。

 

いつ病気になって入院するかは分かりませんが、医療保険料を払っていた2,000円は貯蓄に回し病気に備えようと思います。もし病気にならなければ幸せな人生のために使おうと思います。