私の旦那は今年50歳です。これからの人生をどう生きていくのか聞いてみました。

2017年7月

 

 

ミニマリズムで夢を叶えると決心して4ヶ月目。

 

 

旦那は今年とうとう50歳になります。

 

 

中小企業の部長をする旦那は、仕事は部下に任せてマネージメントのような仕事を内勤でする日々です。

 

 

同じ年代、同じ地位の同僚がたくさん働いていてどう考えても60歳まで今のポジションにはいれそうにないと常日頃から言っています。

 

 

そして、

 

「これからの人生どうしたい?」

 

 

っと話をふってみたところ、

 

 

2020年の東京オリンピックまではどうにか今のポジションでがんばっていくつもりとのこと。

 

 

2020年の東京オリンピックの時、旦那は53歳。

 

 

そして、54歳以降はペースダウンしながら仕事を続け、自分の今までの知識を(旦那は技術職でマニアックな知識を持っています)ブログなどで公開したり、自分でものづくりをしてできるだけ長く働いていきたいそうです。

 

 

働くのが好きだそうです。

 

 

何かを自分で始めたいとは聞いていましたが具体的に聞いたのははじめてです。

 

 

じゃぁ53歳のときは、娘は7歳、私は46歳などと紙に書きながら話を続けお金の話に移行していきました。

 

 

そしてその時にお互いに確認したことは、

 

  1. 娘がインターナショナル幼稚園を2019年に卒業することで月々10万円の出費がなくなる。それ以降の娘の教育費は私のパートのお給料でまかなう。(私が提案しました)
  2. 2020年にローンを完済して月々の12万円の出費をなくす。(住宅ローン減税の恩恵を受けれる最後の年です)
  3. 旦那のお給料、私のお給料以外の収入源を今から模索して2021年以降働き方を見つけていく。
  4. 2024年に旦那57歳で終身保険払込完了することで月々4万円の出費がなくなる。
  5. 2027年に旦那60歳で個人年金払込完了することで月々3万円の出費がなくなる。

 

です。

 

この話が終わって、月々の支出が減っていくことを確認できたことで旦那がペースダウンして働くことについて不安がなくなりました。

 

 

そしてまだまだ二人共働く楽しみを見つけたい気持ちがあり残りの人生をどう生きたいのかも確認しあうことができました。

 

 

旦那が53歳以降収入減にはなりそうですがお金を増やしていける可能性も見えてきました。

 

 

前を向いて歩いていくのはとても気持いい気分になります。

 

 

このブログもいつか人にいい気持ちをおすそ分けできるようになればいいのになぁっと思っています。