娘のためにネット証券大手のSBI証券で未成年者の証券口座を開設しました。

こんにちは。

 

今日は、未成年者の証券口座の開設についての記事を書いていきたいと思います。

 

 

未成年者というと一体誰のことかというと、私の場合はもうすぐ4歳になる娘のことです。

 

 

娘の児童手当やお年玉、誕生日に頂いたおこづかいなどを娘名義のゆうちょ銀行に貯金していました。

 

 

その額がもうすぐ「100万円」に到達します。

 

 

 

このまま娘が16歳になるまで貯金していくと

 

 

児童手当月1万円 ✖️ 12ヶ月 ✖️11年 = 132万円増えます。

 

 

しかしこの児童手当を年利3%で11年間、長期運用したとすると

 

 

その金額は「156万円」です。

 

 

児童手当月1万円を11年間貯金したら「132万円」

 

児童手当月1万円を11年間年利3%で運用したら「156万円」

 

 

 

その差は24万円。

 

 

少ないと感じるか多いと感じるかは人それぞれだとは思います。

 

 

 

私は運用を始めることにしました!

 

 

そこで私も証券口座をもっているSBI証券で娘の証券口座を開設するすることに決めました。

 

口座開設には

  1. 親の証券口座開設が必要です。すべてネットで手続きができます。すでに口座を持っていたらこの手続きが必要ないです。楽チンです。
  2. 親の証券口座開設後、ネットでSBI証券にログインします。そして未成年者の口座開設申し込みをネット上で行います。この時点で必要なのはお子さんの銀行口座情報です。
  3. 口座開設申し込みをネットで行うと、約5日ほどで口座開設キットというものが送られてきます。
  4. 口座開設キットに同封されている口座開設申込書に必要事項を記入の上、本人確認書類とマイナンバーカードを確認できる書類を同封の上、変装します。
  5. 返送後、10日ほどで口座番号・パスワードなどが送付されて、はれて口座開設完了です。

 

 

私はこの口座でバランス型の積立投資信託で運用をします。後日、積立投資信託については記事にしたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

さくこ